媒酌人スピーチ 注意点

媒酌人スピーチの注意点の解説

媒酌人スピーチ注意点。人前で、あがらず、中身のある、説得力のある話をしたいもの。媒酌人スピーチするときの注意点について分かりやすく解説しています。。

媒酌人スピーチの注意点を身に付けよう!

 
 スピーチ例文集Top > スピーチのテクニック > 媒酌人スピーチの注意点
 媒酌人スピーチの注意点

媒酌人の役割
披露宴開始直後に媒酌人がスピーチを行います。
媒酌人は会場の雰囲気を和ませ、列席者を披露宴になじませる重要な役目があります。

そのためスピーチはなるべく基本にそった内容を心がけましょう。
ただ、例文をそのまま使うのではなく、例文をベースにして
自分の言葉を入れるように工夫しましょう。

そのためにも、新郎新婦やその家族と事前に打ち合わせをすることが大切です。
そこで必要な知識や情報を得ることとともに、
この結婚に関する新郎新婦や家族の思いをスピーチに反映させるようにしましょう。


媒酌人スピーチの内容
1.,列席者へのお礼
媒酌人は主催者側なので、列席者への感謝の言葉を述べます。
時候のあいさつを入れても。
2.自己紹介
自分の立場、新郎または新婦との関係、媒酌人になった経緯などを簡潔に述べます。
3.挙式の報告
列席者への挙式報告は媒酌人の義務なので必ず述べます。
4.新郎新婦の紹介
新郎新婦の経歴、人柄、趣味、両親や家族のことなどを述べます。
欠かせません。
5.結婚までのいきさつの紹介
馴れ初めや結婚に至った経緯などを具体的なエピソードをまじえて話しましょう。
6.はなむけの言葉
媒酌人として二人を激励しましょう。
7.支援のお願い
列席者に対し、新郎新婦へのこれからの支援をお願いします。
8.結びの言葉
説明が足りなかった部分などの補足など、全体を締めくくります。


スピーチは短めに
長いスピーチは避け、長くても5分以内にまとめるのが適当です。
10分を超えるような長いスピーチは嫌われます。
事前にしっかり話をまとめ、何分で話終わることができるか練習し確認しましょう。





 結婚式 スピーチ例文
結婚式主賓スピーチ例文 結婚式乾杯スピーチ例文 結婚式友人代表スピーチ例文
結婚式新郎スピーチ例文 結婚式新郎ウエルカムスピーチ例文 結婚式新婦手紙例文
結婚式媒酌人スピーチ例文 結婚式新郎父スピーチ例文

 葬儀・法事 スピーチ例文
法事スピーチ例文 献杯スピーチ例文 葬儀スピーチ例文 一周忌スピーチ例文
通夜スピーチ例文

 学校関連 スピーチ例文
入学式スピーチ例文 入園式スピーチ例文 PTA会長スピーチ例文
卒業式スピーチ例文 卒園式スピーチ例文 保護者代表スピーチ例文

 ビジネス スピーチ例文
入社式スピーチ例文 新入社員代表スピーチ例文 就任スピーチ例文
送別会スピーチ例文 歓迎会スピーチ例文
異動スピーチ例文 転勤スピーチ例文 退社スピーチ例文

結婚式 スピーチ例文
主賓・友人・新郎・新婦の挨拶などの
スピーチ例文

葬儀・法事 スピーチ例文
法事・葬儀などのスピーチ例文

学校関連 スピーチ例文
入学式・PTA・謝恩会などでの
スピーチ例文

ビジネス スピーチ例文
入社式・歓送迎会・異動・退任などの
スピーチ例文

スピーチテクニック


Copyright (C) スピーチ例文集 All Rights Reserved