高脂血症とは

 

高脂血症とは

高脂血症は、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなるなど脂質バランスが崩れている状態。
生活習慣病の1つに位置づけられ、高血圧、糖尿病、肥満と並んでメタボリックシンドロームと言われている。

 

 

自覚症状はほとんど無く、「最近疲れが取れない」「身体が若干重く感じる」程度の軽微な場合が多い。
そのため気付かずに放置してしまい、大きなトラブルにまで発展してしまうことも。
高脂血症の症状を放置し続けると動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを発症するリスクが高くなる。

 

早期発見の難しい症状なので、定期的な健康診断を受けるとよいでしょう。

 

 

高脂血症の原因

高脂血症の原因として、肉類、油物中心の食生活や暴飲暴食、喫煙、アルコールの摂取、慢性的な運動不足が挙げられ、これに遺伝的素因が関与して発症する。

 

また糖尿病になると中性脂肪の産生が増加、喫煙者はHDLコレステロールが低下し、高脂血症の引き金になりやすい。

 

 

高脂血症の対策

症状を改善するための方法として、生活習慣を改善していく必要がある。

 

食生活の改善

肉類や油物が多い食事をしている、アルコールの摂取量が多い人は、見直しましょう。
高脂血症は、中性脂肪の増加と悪玉コレステロールの増加に伴う血流の乱れ、血液がドロドロになっていると言う状態。

 

改善には、中性脂肪とコレステロールを減らす必要がある。
積極的に摂取したいのが、青魚や海藻類、タマネギやゴボウなどの根菜類。
特に青魚には中性脂肪を減らし、コレステロール値を下げるEPAとDHAが多分に含まれている。
さらに血液をサラサラにする成分が多いワカメなどの海藻類やタマネギ、大根などを加えたサラダなども効果的。

 

運動

運動も積極的に取り入れて行きたい。
特に脂肪の燃焼効率を大きく向上させ、中性脂肪の減少、コレステロールの低下を促進する有酸素運動がおススメ。
ウォーキング、水泳、水中ウォーキングなどがいいでしょう。
呼吸を意識し、体内に多くの酸素を取り入れることを身につけましょう。

 

毎日継続していくことで効果を発揮します。

 

薬物療法

食事療法や運動療法を継続的に続けても、効果が得られない場合もある。
このような場合は医師の診断を受け、適切な薬物を利用した療法を行うことになる。


 

関連ページ

リポたんぱく
水に溶けにくいコレステロールを血液になじみやすいたんぱく質やリン脂質で覆った脂質とたんぱく質の複合体。
動脈硬化
動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態。
高血圧
心臓から血液を押し出す力が強くなるか、血管が硬くなり伸び縮みしないようになると血圧が上がります。この状態が高血圧です。
糖尿病
膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足するか、その作用が妨げられて血糖が異常に増加する病気。
メタボリックシンドローム
内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドロームといい、治療の対象となっています。
酸化LDL
LDLコレステロールが酸化されてできるリボたんぱく。 動脈硬化の発生に関係しています。
マクロファージ
マクロファージは、血液中や体内で異物を取り込んで消化するとともに異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える血液細胞の一種。
血小板
血小板は血液の成分の一つ。血管を修復、出血を止める働きをします。
血栓
血栓とは、血管の中にできる血の塊のこと。大きな症状を引き起こす可能性があります。
リン脂質
リン脂質は、リン酸エステル・ホスホン酸エステルを含む脂質の総称で糖脂質やコレステロールと共に細胞膜の主要な構成成分。
遊離脂肪酸
脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解されてできる脂肪。体内の脂質代謝や糖代謝にも関与しています。