血小板とは

 

血小板とは

血小板は血液の成分の一つで、欠陥の損傷に反応し、血管に傷ができると、
粘着して凝集し、血液凝固因子とあわせて、血管を修復、出血を止める働きをします。

 

 

骨髄中の巨核球という細胞の細胞質がちぎれたもので、
細胞質のみで構成されていて、核を持っていません。

 

形も不定形で血小板の大きさも1~4μmと赤血球(8μm)より、ずっと小さいのも特徴。
寿命は10日前後で、寿命が尽きると脾臓で破壊されます。

 

 

また余分なコレステロールが血管内にたくさん溜まると、内皮細胞という部分を傷つけてしまいます。
すると傷がついた内皮細胞のすき間から、悪玉コレステロールが内膜へと入っていくのです。
さらに、そのすき間から、血液の中に含まれているカルシウムや血小板も入り込んでいきます。
内膜の中ではコレステロールやカルシウムや血小板などが、混ざった状態になると
膨らみその部分の血管内が狭くなってしまい血の流れが悪くなります。

 

このような状態が心臓の冠動脈で起こると、狭心症や心筋梗塞を起こす可能性が高くなります。
硬化している血管は柔軟性がないために、血管破裂につながることもあります。