酸化LDLとは

 

酸化LDLとは

LDLコレステロールが酸化されてできるリボたんぱく。
動脈硬化の発生に関係しています。

 

 

血中コレステロールには悪玉のLDLと善玉のHDLがあります。
LDLは血管に付着して動脈硬化などの原因となり、逆にHDLは血管壁に溜まったコレステロールを掃除します。
ただ、LDL自体が悪玉なのではなく、LDLが「酸化LDL」になったときに、危険因子となります。
LDLの酸化に関係しているのは活性酸素です。