高血圧とは

 

高血圧とは?

心臓は収縮と拡張を規則正しく繰り返すことにより、高い圧力で血液を体内へ送りだしていますが、
心臓から血液を押し出す力が強くなるか、もしくは血管が硬くなり伸び縮みしないようになると血圧が上がります。
このように血圧が上がっている状態が高血圧です。
血圧=心拍出量×末梢血管抵抗と定義されます。

 

高血圧は、脳血管の障害、心臓の冠動脈硬化、腎臓の障害などを引き起こします。
正常血圧は収縮血圧が130mmHg未満、拡張期血圧が85mmHg未満。
病院では血圧が130から140以上になると高血圧症という診断になります。

 

高血圧症は自覚症状が少ないため、血圧を測定するまでわからないことが多くあります。
そのため血圧を測定しないままでいると、突然、血圧が非常に高くなっていて、心筋梗塞や脳卒中になることがあります。

 

血圧の基準値

家庭で測った血圧値の場合
135/85mmHg以上だと高血圧です。

 

病院での測定、もしくは健康診断での測定の場合
140/90mmHg以上だと高血圧と見なされます。

 

健康管理のためにも、毎日血圧を測り、自分の血圧の状態を把握することが大切です。

 

高血圧の自覚症状

頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸などが挙げられます。

 

しかし、自覚症状がなく、知らないうちに高血圧が進行し、
心筋梗塞や腎不全などの合併症を起こしてしまうことがありますので注意しましょう。

 

高血圧症の原因

ほとんどの場合、高血圧症の原因を特定するのは難しく、
いくつかの原因が重なって血圧が高くなるケースが多いです。

 

生活習慣と遺伝が高血圧と深く関わっていることがわかっています。
他に、加齢による血管の老化、ストレス、過労、肥満などが原因として考えられています。

 

また、腎炎などが原因になる腎性高血圧症や原発性アルドステロン症が
原因になる内分泌性高血圧症があります。

 

高血圧の治療

代表的な治療には、食事療法、運動療法、降圧剤治療があります。
また、サプリメントや健康食品も幅広く使われています。

 

それぞれの治療法には特徴があり、効果や副作用のに差がありますし、
人によって効果に差がでます。
また、年齢や病気などによっても適する治療は異なります。
それぞれの治療の特徴をよく調べることで自分にあった治療法を見つけましょう。
ひとつ試してみてダメでも、別の方法を試してみましょう。

 

基本的には医師に相談して医師の指示に従うことが大切です。


 

関連ページ

リポたんぱく
水に溶けにくいコレステロールを血液になじみやすいたんぱく質やリン脂質で覆った脂質とたんぱく質の複合体。
動脈硬化
動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態。
糖尿病
膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足するか、その作用が妨げられて血糖が異常に増加する病気。
メタボリックシンドローム
内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドロームといい、治療の対象となっています。
酸化LDL
LDLコレステロールが酸化されてできるリボたんぱく。 動脈硬化の発生に関係しています。
マクロファージ
マクロファージは、血液中や体内で異物を取り込んで消化するとともに異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える血液細胞の一種。
血小板
血小板は血液の成分の一つ。血管を修復、出血を止める働きをします。
血栓
血栓とは、血管の中にできる血の塊のこと。大きな症状を引き起こす可能性があります。
高脂血症
高脂血症は、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなるなど脂質バランスが崩れている状態。
リン脂質
リン脂質は、リン酸エステル・ホスホン酸エステルを含む脂質の総称で糖脂質やコレステロールと共に細胞膜の主要な構成成分。
遊離脂肪酸
脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解されてできる脂肪。体内の脂質代謝や糖代謝にも関与しています。