動脈硬化とは

 

動脈硬化とは?

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって、詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態。
動脈硬化になると、スムーズに血液が流れなくなります。

 

 

動脈に弾力性・柔軟性があれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養が供給されます。
しかし、コレステロールなどが、動脈にたまると酸素や栄養が不足し、高血圧により常に血管に負担がかかり、動脈は弾力性を失い硬くもろくなってしまうのです。

 

動脈硬化が進行すると狭心症、心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などを引き起こす可能性が高まります。

 

動脈硬化の原因

血液中に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増えると動脈硬化が起こりやすくなります。
血液中に増えたLDLコレステロールなどの脂質が動脈の血管の表面を傷つけて血管壁に入り込み、そこに沈着することによって、血管壁の細胞の増殖などが起こり、血管壁が厚くなり、血管内が狭くなって血液の流れが悪くなるのです。

 

動脈硬化の症状

動脈硬化は動脈硬化だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで動脈硬化を早期発見することは難しいです。

 

動脈硬化を放っておくと、心臓病や脳血管障害、閉塞性動脈硬化症など重大な病気を引き起こす恐れがあるため、定期的に健康診断を行なったり、自宅で定期的に体重を測り、血圧を測るなどして、動脈硬化の早期発見を目指しましょう。

 

動脈硬化の予防

悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やして脂質異常を改善することが、
動脈硬化の予防になります。