リポたんぱくとは?

 

リポたんぱくとは?

コレステロールや中性脂肪は、血液中では「リポ蛋白」として存在します。

 

コレステロールや中性脂肪などの脂質は、水に溶けにくいため、血液にそのままの形で溶け込むことができません。
そこで、その周囲を血液になじみやすいたんぱく質(アポ蛋白)やリン脂質で覆った「リポたんぱく」という粒子に形を変えることで、血液に溶け込むことができます。
このように脂質とたんぱく質の複合体をリポたんぱくと呼びます。

 

 

リポたんぱくは組成によって比重や粒子のサイズが異なり、カイロミクロン、超低比重リポ蛋白(VLDL)、中間型リポ蛋白(IDL)、低比重リポ蛋白(LDL)、高比重リポ蛋白(HDL)の5種類に分類されます。

 

このリポたんぱくのうち、コレステロールを最も多く含む低比重リポ蛋白(LDL)で、肝臓で作られたコレステロールを体内の細胞に運ぶ役割を果たします。
ただ、低比重リポ蛋白(LDL)が血液中に増えすぎると血管壁の細胞内に蓄積して動脈硬化を引き起こす原因となります。
これを悪玉コレステロールとも呼びます。

 

一方、たんぱく質を多く含む高比重リポ蛋白(HDL)は、体内の各細胞で使いきれなかった余分なコレステロールや動脈壁に蓄積したコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役割をします。
これを善玉コレステロールと呼びます。

 

つまり、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やして脂質異常を改善することが、
動脈硬化の予防になるのです。

 

 

血液検査では、リポたんぱくに含まれるコレステロール量を総コレステロール値、リポたんぱくに含まれる中性脂肪量を中性脂肪値として測定します。
血清中の脂質の基準値は、総コレステロールが220mg/dl未満、LDLコレステロールが140mg/dl未満、HDLコレステロールは男性で40以上、女性で50mg/dl以上、中性脂肪(トリグリセリド)は150mg/dl未満です。

 

血液検査で、
正常の範囲を超えていれば → 高脂血症
総コレステロール値が高ければ → 高コレステロール血症
LDLが多ければ → 高LDLコレステロール血症
中性脂肪値が高ければ → 高中性脂肪血症
と診断されます。


 

関連ページ

動脈硬化
動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪などがたまって詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態。
高血圧
心臓から血液を押し出す力が強くなるか、血管が硬くなり伸び縮みしないようになると血圧が上がります。この状態が高血圧です。
糖尿病
膵臓で作られるインスリンというホルモンが不足するか、その作用が妨げられて血糖が異常に増加する病気。
メタボリックシンドローム
内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドロームといい、治療の対象となっています。
酸化LDL
LDLコレステロールが酸化されてできるリボたんぱく。 動脈硬化の発生に関係しています。
マクロファージ
マクロファージは、血液中や体内で異物を取り込んで消化するとともに異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える血液細胞の一種。
血小板
血小板は血液の成分の一つ。血管を修復、出血を止める働きをします。
血栓
血栓とは、血管の中にできる血の塊のこと。大きな症状を引き起こす可能性があります。
高脂血症
高脂血症は、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなるなど脂質バランスが崩れている状態。
リン脂質
リン脂質は、リン酸エステル・ホスホン酸エステルを含む脂質の総称で糖脂質やコレステロールと共に細胞膜の主要な構成成分。
遊離脂肪酸
脂肪細胞に蓄えられた中性脂肪が分解されてできる脂肪。体内の脂質代謝や糖代謝にも関与しています。