ビタミンE群を多く含む食材

 

ビタミンE群を多く含む食材

ビタミンE群を多く含むおもな食材

(100g当たりの含有量mg)

  • にじます 5.8
  • アーモンド 9.36
  • ヘーゼルナッツ 5.34
  • うなぎ蒲焼き 4.9
  • かぼちゃ 4.08
  • 落花生 3.42
  • モロヘイヤ 3.3
  • はまち 3.28
  • ひまわり油 3.92

 

 

ビタミンEは活性酸素から体を守ってくれる

ビタミンEは、抗酸化力が非常に強く、老化防止のビタミンとして知られています。細胞膜には常にビタミンEがあって、過酸化脂質を分解したり、できるのを抑え、活性酸素の害から細胞を守っています。またLDLの酸化も防ぐので、動脈硬化を予防します。他に、毛細血管の血流をよくしたり、発ガンを抑える作用も認められています。

 

ビタミンEは油に溶ける脂溶性のビタミンで、植物油やナッツ類、緑黄色野菜、穀類、魚、肉など、多くの食品に含まれますから、食品の種類を多くして、バランスのよい食事を心がけていれば、不足することはないでしょう。

 

ビタミンEは熱や酸素に弱く、酸化しやすい性質があります。特に植物油やナッツ類のように、多可不飽和脂肪酸が多い食品は酸化が早いので、新鮮なものをとりましょう。

 

ビタミンEには、ビタミンAやCの酸化を防ぐ作用もあります。またCには、それ自体の抗酸化作用のほかに、Eの働きを助ける作用があり、お互い助け合ってより効率的に働きます。

 

 

ビタミンEを効果的に食べるポイント

酸化しないようにすぐに食べる

Eは脂溶性のため酸化しやすいので、ナッツなどは開封したらなるべく早く食べましょう。

 

植物油はできるだけ早く使い切る

植物油も酸化防止のため、できるだけ早く使い切りましょう。


 

関連ページ

コレステロールを下げる大豆
大豆の摂取はコレステロールを下げると言われています。大豆がコレステロールをどのように下げるのか?
コレステロールを下げるお茶
お茶に含まれるカテキンはコレステロールを下げます。
食物繊維がコレステロールを下げる
食物繊維は、便秘を解消したり、大腸がんの予防に効果がありますが、腸の中で胆汁酸を吸着し、コレステロール値を下げる働きもあります。
EPA・DHAを多く含む食材
EPA・DHAの効果・効能、EPA・DHAを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ビタミンB群を多く含む食材
ビタミンB群は、脂質や糖質の代謝をよくしてコレステロール値や血糖値を下げたり、体内の過酸化脂質を燃焼させて、動脈硬化を防ぐ働きがあります。
βカロテンを多く含む食材
βカロテンが不足するとコレステロールが沈着しやすくなります。βカロテンを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ビタミンC群を多く含む食材
ビタミンCには、抗酸化作用のほかにも、コレステロールを減らす効果があると言われています。
ミネラルを多く含む食材
ミネラルの効果・効能、ミネラルを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。