コレステロールを下げる料理のポイント

 

コレステロールを下げる料理のポイント

肉をおいしく、低コレステロールで食べる料理のポイント

肉はコレステロールが気になりますが、種類や部位、調理の仕方によってコレステロールをとり過ぎずに食べることができます。

 

網で焼いて脂肪を落とす

フライパンで油を使って焼くより、さらに脂肪が少なくなります。

 

ゆでたり煮たりして脂肪を落とす

脂身の多い肉は、一度ゆでこぼしたり、煮汁に脂肪を落としましょう。

 

蒸して脂肪を落とす

脂は落ち、肉のうまみは残るのでおすすめ。

 

片栗粉をまぶしてパサつきを防ぐ

脂肪の少ない肉は、片栗粉をまぶしてからゆで、煮ればなめらかに。

 

下地をつけてパサつきを防ぐ

調理前につけ汁に漬け込むことで、汁けを補います。

 

スープで煮込む

たっぷりのスープで煮、うまみの出たスープごと食べます。

 

テフロン加工のフライパンで調理する

油を使わずに焼けるので、おすすめ。

 

野菜などと一緒に煮込む

カレーやシチューなど肉を少なく野菜を多くすればボリューム感が出ます。

 

 

青魚をおいしく、低コレステロールで食べる料理のポイント

魚に含まれる脂肪は肉と異なり、コレステロールを上げる作用はありません。
また魚の不飽和脂肪酸にはDHAやEPAが豊富に含まれています。

 

新鮮なものを新鮮なうちに

新鮮なものでないと酸化しやすく、逆に動脈硬化が促進されます。

 

下味をしっかりつけて臭みをとる

にんにくやしょうがをたれに加え漬け込んでから調理するのもいいでしょう。

 

香辛料や香味野菜を使って臭みをとる

にんにく、こしょう、しょうが、セロリなどと一緒に調理すれば臭みはなくなります。

 

塩と酢で臭みをとる

酢でしめれば臭みがとれ、さっぱりして食べやすく、低エネルギーでもあります。

 

牛乳につけて臭みをとる

内臓をとったら調理する30分前に牛乳につけると独特の臭みがなくなり食べやすくなります。

 

マリネにする

新鮮な状態で、オリーブ油や不飽和脂肪酸を多く含む植物油を使うとよいでしょう。


 

関連ページ

コレステロールを下げる食事
コレステロール値が高いことがわかったら、まず食事を改善しましょう。特に注意したいのが食べすぎです。
悪玉コレステロールを減らす食事法
悪玉コレステロール値を減らす食事の工夫・ポイントを分かりやすく紹介しています。
コレステロールを下げるサプリメント
サプリメントの効果をよく理解して正しく使えば、コレステロールを下げることができます。
コレステロールを下げる運動
運動をすることでコレステロール値が下がる理由や効果的な運動方法を紹介しています。
中性脂肪を減らす方法
コレステロール値を改善する方法のひとつに、中性脂肪を減らすことがあります。
コレステロールを治療する薬
高コレステロール値が食事・生活で改善されないときには薬での治療が必要です。どんな薬でどのように治療するかを前もって理解して使用しましょう。