アルコールとコレステロールの関係

 

アルコールとコレステロールの関係

適量のアルコールは善玉を増やし、悪玉コレステロールを減らす

適量のアルコールの飲酒は善玉コレステロールを増やす作用があり、同時に悪玉コレステロールを減少させます。

 

善玉は体内の余分なコレステロールを肝臓に戻して処理する働きをしており、動脈硬化のリスクを低減しますので、量をわきまえたアルコール飲酒は動脈硬化の予防が期待できます。

 

アルコールの量は、ビールなら大瓶1本、清酒なら1合、ウイスキーならダブルで1杯程度です。それ以上のアルコールの量は、善玉コレステロールを増やすどころかかえって害になり、生活習慣病を起こす原因となりますので注意が必要です。

 

 

過剰のアルコールは悪玉コレステロールを増やす

アルコールの飲酒によって悪玉を減らす作用が働くのは、あくまでも適量(少量)の飲酒の場合。
多量のアルコール摂取では中性脂肪を増加させますし、肝臓に障害を引き起こすとコレステロールの量を調節する機能が正常に働かなくなるといった弊害も生じます。

 

中性脂肪が高くなるほどアルコールを飲みすぎると善玉コレステロールの増加は無くなり動脈硬化が進む結果になります。