コレステロールを下げる大豆

 

コレステロールを下げる大豆

大豆の効果

大豆や大豆加工品はコレステロールを下げるために、積極的に摂取したいですね。
大豆にはコレステロールを減らして、動脈硬化を防ぐ働きをする不飽和脂肪酸が多く含まれています。
コレステロール値が高く、動物性食品を控える必要がある場合には、たんぱく源としても大豆とその加工品は最適です。
大豆の成分は、レシチン、カリウム、サポニン、イソフラボン、ビタミンEなどで、レシチンは善玉コレステロールを増やしてくれます。カリウムはナトリウムを排出して血圧の上昇を抑える作用があります。
サポニンは、コレステロールの代謝を促進しコレステロール値を下げる効果があります。
またイソフラボンは悪玉コレステロールを肝臓に戻し、LDL善玉コレステロールを増やす働きをします。

 

大豆はまさに生活習慣病予防にもってこいの食材です!大豆そのものを料理にしたり、豆腐、豆乳、納豆、厚揚げ、湯葉など日々の食事にぜひ大豆を取り入れることはコレステロールを下げるのに有効です。

 

レシチン、サポニン、イソフラボンなどが豊富に含まれるサプリメントもいろいろあります。
上手に活用しましょう。


 

関連ページ

コレステロールを下げるお茶
お茶に含まれるカテキンはコレステロールを下げます。
食物繊維がコレステロールを下げる
食物繊維は、便秘を解消したり、大腸がんの予防に効果がありますが、腸の中で胆汁酸を吸着し、コレステロール値を下げる働きもあります。
EPA・DHAを多く含む食材
EPA・DHAの効果・効能、EPA・DHAを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ビタミンB群を多く含む食材
ビタミンB群は、脂質や糖質の代謝をよくしてコレステロール値や血糖値を下げたり、体内の過酸化脂質を燃焼させて、動脈硬化を防ぐ働きがあります。
βカロテンを多く含む食材
βカロテンが不足するとコレステロールが沈着しやすくなります。βカロテンを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ビタミンC群を多く含む食材
ビタミンCには、抗酸化作用のほかにも、コレステロールを減らす効果があると言われています。
ビタミンE群を多く含む食材
ビタミンE群の効果・効能、ビタミンE群を多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ミネラルを多く含む食材
ミネラルの効果・効能、ミネラルを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。