コレステロールを下げるお茶

 

コレステロールを下げるお茶

お茶に含まれるカテキン効果

緑茶に含まれるカテキンはコレステロールの吸収を抑え動脈硬化に効果あります。
緑茶の渋み成分のカテキンには、抗酸化作用があり血液中の
LDL(悪玉コレステロール)の酸化を抑え、動脈硬化を予防すると報告されています。
またコレステロール値を低下させる不飽和脂肪酸の働きを助ける効果もあります。

 

カテキンを多く含むお茶には

伊藤園 カテキン緑茶

コレステロールを低下させるガレート型カテキン90%、特定保健用食品
コレステロールの吸収を抑制する茶カテキンの働きにより、血清コレステロールを低下させるのが特長です。

日本製粉 キトサン明日葉青汁日和

コレステロールの吸収を抑えるキトサンが配合された特定保健用食品の青汁。

大正製薬 コレスケア

『低分子化アルギン酸ナトリウム』の配合により、コレステロールの吸収を抑る働きがあります。

花王 ヘルシア緑茶

脂肪を消費しやすくすることがメインのお茶ですが、カテキンが豊富に含まれています。

キトサン大麦若葉青汁

コレステロールの吸収を抑え、血清コレステロールを低下させる特定保健用食品。

 

紅茶に含まれるテアルビジン

紅茶に含まれるテアルビジンは血液をサラサラにする効果があります。
紅茶には抗酸化物質カテキンの一種であるテアルビジンが豊富に
含まれ、動脈硬化を予防し、血液をサラサラにする作用が
あると言われています。
また血管を強くし、高血圧の予防に働くビタミンPも含まれています。

 

コーヒーに含まれる苦味成分

コーヒーに含まれる苦味成分は動脈硬化予防に効果があると言われています。
コーヒーの苦味成分であるクロロゲン酸とコーヒー酸には血管の
内側をおおっている血管内皮細胞に働いて、動脈硬化の促進を
防ぐ働きがります。
またコーヒーにはナイアシンというビタミンB群の一種が豊富に含まれ、血液中のコレステロール値を
下げてくれます。


 

関連ページ

コレステロールを下げる大豆
大豆の摂取はコレステロールを下げると言われています。大豆がコレステロールをどのように下げるのか?
食物繊維がコレステロールを下げる
食物繊維は、便秘を解消したり、大腸がんの予防に効果がありますが、腸の中で胆汁酸を吸着し、コレステロール値を下げる働きもあります。
EPA・DHAを多く含む食材
EPA・DHAの効果・効能、EPA・DHAを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ビタミンB群を多く含む食材
ビタミンB群は、脂質や糖質の代謝をよくしてコレステロール値や血糖値を下げたり、体内の過酸化脂質を燃焼させて、動脈硬化を防ぐ働きがあります。
βカロテンを多く含む食材
βカロテンが不足するとコレステロールが沈着しやすくなります。βカロテンを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ビタミンC群を多く含む食材
ビタミンCには、抗酸化作用のほかにも、コレステロールを減らす効果があると言われています。
ビタミンE群を多く含む食材
ビタミンE群の効果・効能、ビタミンE群を多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。
ミネラルを多く含む食材
ミネラルの効果・効能、ミネラルを多く含む食材や食材の効果的な調理方法などを分りやすく紹介しています。