LDLコレステロールとは?

 

LDLコレステロールとは? 特性・働き

LDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、悪玉コレステロールの代表格です。
リポタンパクには、HDL(高比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、VLDL(超低比重リポタンパク)、カイロミクロン(乳び脂球)の4種類あります。
その内、コレステロールを主に運んでいるのがHDLとLDLで、HDLに運ばれているコレステロールをHDLコレステロール、LDLに運ばれているコレステロールをLDLコレステロールと呼んでいます。

 

LDLは血液中で合成され、血液の流れにのってコレステロールを全身に運びます。
しかし、血液中のLDLが増えすぎて供給量が過剰になると行き場を失って、血液中に長くとどまることになります。
やがて変性したLDLが血管壁に沈着し、動脈硬化をおこす原因になります。それで悪玉と呼ばれるのです。

 

LDLコレステロール値が正常範囲でも

LDLコレステロール値が正常範囲であっても、LDLコレステロールが原因で動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞を引き起こすことがあります。
原因として、ふつうのLDLよりも小さくて比重が高い、小型LDLを多くもっていることが考えらられます。
この小型LDLが増えると、動脈硬化がより強く促進されるため、これに含まれるコレステロールは「超悪玉コレステロール」といわれます。

 

超悪玉は長くとどまると酸化しやすい

普通の大きさのLDLなら2日ぐらいで肝臓にとりこまれますが、小型のLDLは肝臓にとりこまれにくく、血液中にとどまる期間が長くなります。その分、血管壁に沈着したり、動脈硬化に直接かかわる「酸化LDL」に変化する危険性が高くなります。小型LDLは、誰でも持っていますが、多く持っている人のほうが重大な疾患をおこすリスクが高くなります。