コレステロールが原因の高脂血症

 

高コレステロールが原因の病気 高脂血症

遺伝的な高脂血症とそうでないもの

血液中の脂質が多過ぎる状態を高脂血症といいます。
血液中のおもな脂質であるコレステロールと中性脂肪のどちらが多い場合でも高脂血症と呼ばれます。

 

高脂血症の原因には原発性(一次性)高脂血症といわれる遺伝的な要素が原因のものと、続発性(二次性)高脂血症といわれる病気や薬の服用などが原因のものがあります。

 

病気が原因で高脂血症をひきおこす

糖尿病や肥満も大きな原因

病気によっておきる続発性高脂血症のおもな原因となるものが肥満と糖尿病です。

甲状腺や肝障害がある人も

肝機能の低下は高脂血症に大きな影響を与えます。なかでも高脂血症の原因になりやすいのが、肝臓そのものに脂肪がたまる脂肪肝です。

腎臓に障害がある人

腎臓の病気ではネフローゼ症候群が高脂血症をひきおこすことがあります。

 

高脂血症の症状と高脂血症がひきおこす病気

高脂血症は、自覚症状がありません。自覚症状がないままに動脈硬化を悪化させます。動脈硬化は体中の血管でおこる可能性のある病気です。放置しておくとさまざまな病気をひきおこすリスクを高めます。
脳の血管の動脈硬化が進めば脳梗塞、心臓の冠動脈なら狭心症がおきやすくなります。

 

高血圧といっしょになると、さらに悪化が早まります。高血圧も自覚症状がない病気ですので、定期的な検査を行いましょう。


 

関連ページ

コレステロールが原因の病気
コレステロールが高いことが原因でさまざまな病気を引き起こす可能性があります。取り返しのつかない病気になることもありますので、しっかり予防しましょう。
コレステロールが原因の狭心症・心筋梗塞
コレステロールが高いことが原因でおこる狭心症・心筋梗塞。狭心症・心筋梗塞の症状、原因、治療方法、なりやすい人はどんな人かなどわかりやすく解説。
コレステロールが原因の脳梗塞
コレステロールが高いことが原因でおこる脳梗塞。脳梗塞の症状、原因、治療方法、なりやすい人はどんな人かなどわかりやすく解説。
高コレステロール血症
高コレステロール血症の原因、症状やその危険性をよく理解して対策しましょう。