コレステロール・中性脂肪の検査方法

 

コレステロール・中性脂肪の検査方法

早期発見することが、生活習慣病の予防につながりますから、体の異常を感じたり、少なくとも40歳を過ぎたら定期的に血液検査を受けるようにしましょう。

 

血液を採取して血液中の脂肪量を検査

血液中のコレステロール値は、血液をとって測定します。

 

脂質の正常な検査値
  • 総コレステロール: 140~219mg/dl
  • 中性脂肪(トリグリセリド、TG): 30~139mg/dl
  • LDLコレステロール(悪玉): 60~139mg/dl
  • HDLコレステロール(善玉): 男性 40~99mg/dl  女性 50~109mg/dl

 

正常の範囲を超えていれば ⇒ 高脂血症
総コレステロール値が高ければ ⇒ 高コレステロール血症
LDLが多ければ ⇒ 高LDLコレステロール血症
中性脂肪値が高ければ ⇒ 高中性脂肪血症

 

と診断されます。

 

異常がみられたら細かい検査を

上記検査で異常であると診断されたら、精密検査を行います。
精密検査では、高脂血症は6種類に分類されます。

 

また、肝臓や腎臓の機能、筋酵素、尿酸や血糖などの生化学的検査、甲状腺ホルモンなどの内分泌学的検査も行われます。


 

関連ページ

コレステロールとは?
コレステロールを正しく理解しましょう。コレステロールは体に欠かせない脂質のひとつでが、増えすぎると体に悪い影響を及ぼすこともあります。
総コレステロールとは?
総コレステロールは血中に含まれるコレステロールの総量のことで、善玉・悪玉コレステロールなどを合わせた値。
善玉コレステロールとは?
善玉コレステロールは体の不必要なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶほか、血管壁に沈着したコレステロールを引き出して回収してくれます。
HDLコレステロールとは?
HDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、善玉コレステロールの代表格。
悪玉コレステロールとは?
LDLコレステロールの別名。これが増加しすぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまいます。
LDLコレステロールとは?
LDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、悪玉コレステロールの代表格。
中性脂肪とは?
中性脂肪は体を動かすエネルギー源で体内の脂質のひとつです。中性脂肪が多いと生活習慣病の要因となります。
平均的なコレステロール値の基準
コレステロールの基準値は130~220mgです。コレステロール値は高すぎても低すぎてもよいものではありません。コレステロールの値は主に血液検査によって測定することができます。
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪もコレステロールも体の中にある脂肪ということは同じですが、その働きが違います。
コレステロールの用語集
コレステロールを下げるために基本的な用語を理解しておきましょう。