中性脂肪とは?

 

中性脂肪とは? 特性・働き

コレステロールと同様に脂質のひとつ

中性脂肪は、体を動かすエネルギー源で、コレステロールと同じく、体内の脂質の一種です。
中性脂肪は貯蔵用のエネルギーです。

 

貯蔵されている中性脂肪は、食事が少なかったり、激しい運動をするとエネルギーとして使われます。
ほかに皮下脂肪として体温を保つ役目もあります。

 

血液中での中性脂肪の姿

中性脂肪もそのままでは血液に溶け込むことができません。そこでコレステロールと同じように、リポタンパクのかたちになって血液中に運ばれます。 

 

中性脂肪は皮下や内臓にたまる

中性脂肪は、食事がとれなかったときなどに備える貯蔵用のエネルギーとして体内にたくわえられます。その貯蔵場所は、皮下や腹腔内にある脂肪組織です。
貯蔵される中性脂肪がふえると、人間の体は太ってきます。

 

中性脂肪は炭水化物、たんぱく質、またアルコールも原料となってつくられます。これらの摂取が過剰になると、肝臓で合成される中性脂肪がふえていき、脂肪組織に送られ、たまっていきます。
これが過剰にたまった状態がいわゆる肥満です。
食事が多すぎるだけでなく、運動不足などでエネルギーが消費されないことも肥満の原因になります。

 

中性脂肪が血液中にたまると善玉コレステロールが減る

体内の中性脂肪がふえると、太るだけでなく、さまざまな変化がおこります。
肝臓では、脂肪をとりこみ過ぎると、細胞に中性脂肪がたまり、脂肪肝になります。肝臓は腫れて大きくなり、機能も低下します。

 

血液中に中性脂肪がふえたときには、余分なコレステロールを回収するはたらきのある善玉といわれるHDLが減ったり、超悪玉のLDLがふえます。