悪玉コレステロールとは?

 

悪玉コレステロールとは? 特性・働き

悪玉コレステロールとはLDLコレステロールの別名。
コレステロールには、細胞膜を作る・筋肉を作るホルモンの原材料・栄養分の分解・栄養を吸収する胆汁酸の原材料、としての役割があります。
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、これらの役割を持つコレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加しすぎると血管に溜まって、動脈硬化を進行させてしまいます。

 

悪玉コレステロールの正体

コレステロールはよく「善玉」とか「悪玉」といわれますが、コレステロールそのものに種類はありません。
この区別は、コレステロールを運ぶリポタンパクのはたらきの違いによるものです。

 

リポタンパク
コレステロールは脂質ですから、血液に溶け込むことは、本来できません。そこで血液になじむように姿を変えます。この姿を変える際に使われる粒子がリポタンパクです。
リポタンパクは何種類もあり、それぞれ役割も違います。

 

リポタンパクのひとつにLDLがあり、悪玉コレステロールの代表格です。
これが血液中で合成され、血液の流れにのって全身に運びます。
しかし、血液中のLDLが増えすぎて供給量が過剰になると行き場を失って、血液中に長くとどまることになります。
やがて変性したLDLが血管壁に沈着し、動脈硬化をおこす原因になります。それで悪玉と呼ばれるのです。

 

超悪玉コレステロールとは

LDLコレステロール値が正常範囲であっても、LDLコレステロールが原因で動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞を引き起こすことが少なくありません。
こういった疾患をおこした人は、ふつうのLDLよりも小さくて比重が高い、小型LDLを多くもっているケースがよくあります。
この小型LDLが増えると、動脈硬化がより強く促進されるため、これに含まれるコレステロールは「超悪玉コレステロール」といわれます。

 

超悪玉は長くとどまると酸化しやすい
LDLはふつうの大きさなら2日ぐらいで肝臓にとりこまれますが、小型LDLは肝臓にとりこまれにくく、血液中にとどまる期間は約5日と長くなります。その分、血管壁に沈着したり、動脈硬化に直接かかわる「酸化LDL」に変化する危険性も高くなってしまいます。小型LDLは、誰でも持っていますが、多く持っている人のほうが心筋梗塞をおこすリスクが高くなります。

 

超悪玉コレステロールが増えやすい人は!?

  • 血圧が高い
  • 血糖値が高い
  • 中性脂肪の値が高い
  • HDLコレステロールが低い
  • 内臓脂肪型肥満がある
  • 狭心症や心筋梗塞などになったことがある
  • 家族に狭心症や心筋梗塞になった人がいる

 

これらにひとつでも当てはまる方は注意しましょう。


 

関連ページ

コレステロールとは?
コレステロールを正しく理解しましょう。コレステロールは体に欠かせない脂質のひとつでが、増えすぎると体に悪い影響を及ぼすこともあります。
総コレステロールとは?
総コレステロールは血中に含まれるコレステロールの総量のことで、善玉・悪玉コレステロールなどを合わせた値。
善玉コレステロールとは?
善玉コレステロールは体の不必要なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶほか、血管壁に沈着したコレステロールを引き出して回収してくれます。
HDLコレステロールとは?
HDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、善玉コレステロールの代表格。
LDLコレステロールとは?
LDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、悪玉コレステロールの代表格。
中性脂肪とは?
中性脂肪は体を動かすエネルギー源で体内の脂質のひとつです。中性脂肪が多いと生活習慣病の要因となります。
コレステロールの検査
コレステロール・中性脂肪がふえて高脂血症になっても自覚症状がありません。気になったら、すみやかに検査しましょう。
平均的なコレステロール値の基準
コレステロールの基準値は130~220mgです。コレステロール値は高すぎても低すぎてもよいものではありません。コレステロールの値は主に血液検査によって測定することができます。
コレステロールと中性脂肪の違い
中性脂肪もコレステロールも体の中にある脂肪ということは同じですが、その働きが違います。
コレステロールの用語集
コレステロールを下げるために基本的な用語を理解しておきましょう。