コレステロールについて

 

コレステロールについて

コレステロールは必要不可欠な物質ですが、増えすぎるとやっかいなシロモノ。
善玉・悪玉などコレステロールの本質を理解することでコレステロールを攻略に役立ちます。

コレステロールとは? | 特性・働き

コレステロールは体に欠かせない脂質コレステロールは脂肪の一種です。脂質には、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸、コレステロールの4種類あり、中性脂肪、リン脂質は、エネルギーの貯蓄に関係、リン脂質とコレステロールは体を構成する働きがあります。人間の体内にあるコレステロールの量は、100~150gほどで脳や...

≫続きを読む

総コレステロールとは? | 特性・働き

総コレステロール値は高すぎても低すぎてもNG!総コレステロールとは血液中に含まれるすべてのコレステロールを測定した総量のことを指します。いわいる善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)などを合わせた値です。コレステロールの値は主に血液検査によって測定することができます。「総コレステ...

≫続きを読む

善玉コレステロールとは? | 特性・働き

コレステロールに種類はありません 善玉コレステロールの正体コレステロールはよく「善玉」とか「悪玉」といわれますが、コレステロールそのものに種類はありません。この区別は、コレステロールを運ぶリポタンパクのはたらきの違いによるものです。リポタンパクコレステロールは脂質ですから、血液に溶け込むことは、本来...

≫続きを読む

HDLコレステロールとは? | 特性・働き

HDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、善玉コレステロールの代表格です。リポタンパクにはは、HDL(高比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、VLDL(超低比重リポタンパク)、カイロミクロン(乳び脂球)の4種類あります。その内、コレステロールを主に運んでいるのがHDLと...

≫続きを読む

悪玉コレステロールとは? | 特性・働き

悪玉コレステロールとはLDLコレステロールの別名。コレステロールには、細胞膜を作る・筋肉を作るホルモンの原材料・栄養分の分解・栄養を吸収する胆汁酸の原材料、としての役割があります。悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、これらの役割を持つコレステロールを体内に供給する役割をしていますが、増加し...

≫続きを読む

LDLコレステロールとは? | 特性・働き

LDLは血液中のコレステロールを運ぶリポタンパクのひとつで、悪玉コレステロールの代表格です。リポタンパクには、HDL(高比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、VLDL(超低比重リポタンパク)、カイロミクロン(乳び脂球)の4種類あります。その内、コレステロールを主に運んでいるのがHDLとL...

≫続きを読む

中性脂肪とは? | 特性・働き

コレステロールと同様に脂質のひとつ中性脂肪は、体を動かすエネルギー源で、コレステロールと同じく、体内の脂質の一種です。中性脂肪は貯蔵用のエネルギーです。貯蔵されている中性脂肪は、食事が少なかったり、激しい運動をするとエネルギーとして使われます。ほかに皮下脂肪として体温を保つ役目もあります。血液中での...

≫続きを読む

コレステロール・中性脂肪の検査方法

早期発見することが、生活習慣病の予防につながりますから、体の異常を感じたり、少なくとも40歳を過ぎたら定期的に血液検査を受けるようにしましょう。血液を採取して血液中の脂肪量を検査血液中のコレステロール値は、血液をとって測定します。脂質の正常な検査値総コレステロール: 140~219mg/dl中性脂肪...

≫続きを読む

平均的なコレステロール値の基準

コレステロールの値は主に血液検査によって測定することができます。総コレステロール(mg/dl)の適正域は200未満境界域は200-219LDLコレステロール(mg/dl)の適正域は120未満境界域は120-139「総コレステロール220mg/dl以上、LDL140mg/dl以上、中性脂肪150mg/...

≫続きを読む

コレステロールと中性脂肪の違い

中性脂肪とコレステロールの違いは何でしょうか?中性脂肪もコレステロールも、体の中にある脂肪ということは同じですが、その働きが違います。中性脂肪は、体の中に蓄えられたエネルギーで、体を動かすなどで燃焼されます。一方、コレステロールは体内の細胞膜やホルモンの材料となるものです。つまり、コレステロールは燃...

≫続きを読む

コレステロールの用語集

コレステロールを攻略するために基本的な用語を理解しましょう。

≫続きを読む