高コレステロールが引き起こす病気

 

高コレステロールが引き起こす病気のリスク

コレステロール値が高いとさまざまな病気が発症するリスクが高まります。
例えばコレステロール値を高いままに放っておくと動脈硬化を起こし脳梗塞や高脂血症などの病気になりやすく、
さらには肥満や高血糖、高血圧といった症状が重なるといわゆる「メタボリック症候群」と診断されてしまいます。

 

コレステロール値には、細心の注意を払いましょう。

 

コレステロールが原因の病気

コレステロールは血管に動脈硬化をおこす血液中のコレステロールがふえることで体に及ぼす重大なものが、血管の弾力性がなくなり、動脈硬化を起こすことです。ほかの要因が加わるとさらに危険に動脈硬化は、老化現象としてある程度おこりますが、血液中にコレステロールが多いと動脈硬化をより促進させることになります。コ...

≫続きを読む

コレステロールが原因の高脂血症

遺伝的な高脂血症とそうでないもの血液中の脂質が多過ぎる状態を高脂血症といいます。血液中のおもな脂質であるコレステロールと中性脂肪のどちらが多い場合でも高脂血症と呼ばれます。高脂血症の原因には原発性(一次性)高脂血症といわれる遺伝的な要素が原因のものと、続発性(二次性)高脂血症といわれる病気や薬の服用...

≫続きを読む

コレステロールが原因の狭心症・心筋梗塞

狭心症・心筋梗塞は動脈硬化によって血管がつまるのが原因狭心症や心筋梗塞は、高コレステロールが原因でおこる病気の代表的なものです。これは、心臓をとりまく冠動脈の血液の流れが悪くなっておこります。冠動脈は心臓の筋肉に血液を送り込む血管で、この血流が不足すると、心筋の細胞で酸素が足りなくなり、発作がおきま...

≫続きを読む

コレステロールが原因の脳梗塞

脳梗塞は高血圧が一番の原因 コレステロールも関係あり脳の血管に障害がおきる脳卒中の一種が脳梗塞です。脳の血管が狭くなっているところに、血のかたまりがつまって血栓となり、血液が流れなくなって脳の障害をひきおこします。脳梗塞には、血栓のでき方により種類分けできます。ひとつは脳血栓で、脳の血管に血栓ができ...

≫続きを読む

高コレステロール血症の症状と対策

高コレステロール血症の症状血液中のコレステロール値が高い脂質異常症です。ほとんどの場合において自覚症状がないのが特徴です。自覚症状がでた時には、すでに心臓や脳または下肢の動脈硬化が進み、突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患を引き起こすため、高血圧と同様に怖い病気です。高コ...

≫続きを読む